ヴァローナ ショコラティエに愛されるクーベルチュール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ショコラティエが愛するクーベルチュール

クーベルチュールメーカー・ヴァローナ社をご存知でしょうか?

最近話題のブロンドチョコレートを手掛けるメーカーということで「聞いたことある!」という人は多いかもしれません。

しかし、ブロンドチョコレートのことは何となく知っていてもそれを手掛ける会社のことまではなかなか知る機会がないですよね。

せっかくなので、チョコレートだけではなく会社のことも知っておきましょう!

そこで今回は、ヴァローナ社について徹底的に調査しました。

 

ヴァローナってどんな会社?

ヴァローナ社はフランスのクーベルチュールメーカーで、1922年創業という歴史のある会社です。

製菓用チョコレートだけではなく、タブレットやキャレといった既成のチョコレートも販売しています。

また、チョコレートの原料となるカカオの栽培からチョコレートの販売までを手掛けており、チョコレートを語る上では外すことのできない会社であると言えるでしょう。

 

さらにヴァローナ社は商品開発に特に力を入れている会社なので、パリや東京を含む世界4か所でチョコレート技術校も設立しています。

 

ヴァローナ社は、歴史あるメーカーで、さらに既存製品の拡売だけではなく新規の商品開発も積極的に行っていんですね。

続いて、そんなヴァローナが実際に手掛けた取り組みについて見ていきましょう。

関連記事
クーベルチュールチョコレート!

ヴァローナの取り組みは世界初だらけ?

クーベルチュールメーカーの最先端を走り続けるヴァローナ社。

ヴァローナ社の取り組みは多岐に渡っており、中には世界初となる取り組みもあるんです。

まず、1986年には世界初となるカカオ分70%のブラックチョコレート「グアナラ」を発売しました。

今でこそ高カカオチョコレートは主流になってきていますが、その当時は「チョコレートは甘いもの」というイメージが強く、この取り組みは革新的だったといえるでしょう。

さらに1998年には、世界初の農園指定のカカオ豆を使用したヴィンテージチョコレート「グラン・クヴァ」を発売しています。

 

まさに「Bean to Bar(豆から板まで)」とはこのこと。

カカオからチョコレートまで一貫製造

 

チョコレートの原料であるカカオ豆の段階からきちんと管理することができるヴァローナ社ならではの取り組みと言えるでしょう。

 

さらに、記憶に新しいのが2013年に日本発売された「ブロンドチョコレート」

第4のチョコレートとして新たな歴史を作ったと言っても過言ではないでしょう。

グアナラとグラン・クヴァ、そしてブロンドチョコレートは、全てヴァローナ社の公式サイトで販売されているので、ぜひお試しください。

ヴァローナ社の世界初の取り組みを舌で感じることができます!

 

(公式サイトでは1㎏/袋ですが、製菓材料店でしたら、200gから購入でききるんです。)

cotta ヴァローナフェーブ グアナラ 200g

 

ヴァローナ社が、自社で開発した技術や商品を積極的に世に送り出していることが分かりましたね。

歴史ある商品である「グアナラ」や「グラン・クヴァ」以外にも、ヴァローナ社には魅力的な商品がたくさんあります。

そこで続いては、おすすめのヴァローナ社の商品をご紹介します。

 

ヴァローナおすすめ商品はこれ!

続いて、ヴァローナ社のおすすめ商品をご紹介します。

コフレ・デギュスタシオン

ブラックチョコレート6種類とミルクチョコレート2種類の計8種類のチョコレートを一度に楽しむことができるアソートセットです。

 

様々なカカオの味の違いを感じることができるので、「ヴァローナのチョコレート、食べてみたいけどどれが良いのか分からない」という方には特におススメ。

さらに、同じダークチョコレートでも産地による風味の違いがあることも発見できますよ。

食べ比べを楽しむのもいいですね!

 

 

関連記事
ザチョコレートのすごい理由!食べ比べの面白さ発見!

 

コフレ・エキノックス・ブロンド・レ

前述の「コフレ・デギュスタシオン」とは異なり、こちらはアーモンドとヘーゼルナッツがチョコレートでコーティングされた商品です。

ナッツ類をコーティングするチョコレートは、ミルクチョコレートとブロンドチョコレートの2種類。

2つの味を楽しむことができます。

チョコボールのような形状なので、パクっと口に運びやすいのが良いですね。

今回ご紹介した2種類のチョコレートは、自分用にはもちろんのこと贈り物としても喜ばれること間違いなしです!

 

ヴァローナ社の公式サイトでは、製菓用のチョコレートも取り扱っているので「お菓子作りに使いたい!」と言う方も、ぴったりのチョコレートを探すことができること間違いなし。

個人的には、「カライブ」がバランスがよくどんなお菓子にも使いやすいのでお勧めです。

 

まとめ

今回はクーベルチュールメーカー・ヴァローナ社についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

ヴァローナ社は、商品開発に力を入れていて、かつ世界初と言われるような取り組みも積極的に行っている革新的な会社であることが分かりました。

そんなヴァローナ社が販売するチョコレートには魅力的な商品がたくさん!

製菓用だけではなく一般向けのチョコレートも手掛けており、まさにチョコレート好きにとってなくてはならない存在のヴァローナ社。

これからヴァローナ社がどんな取り組みをして今以上に魅力的なチョコレートを世に広めていくのか、ご注目ください!

コメントもお待ちしております。

おすすめ記事
ブロンドチョコレートとは?

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*