マプリエール・クーベルチュールの達人が作るショコラの数々!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とろーりとろけるショコラ

三鷹で話題になっているパティスリー。

実はチョコレートにもこだわりがあって、カカオの産地ごとの蒸し焼きショコラが美味しいお店なんです。

クーベルチュールを研究しつくしたシェフが織りなすチョコレートの数々もご紹介します!

 

 

マプリエールはどんなお店??

お店の名前の由来はフランス語で「私の願い」という意味を表していて日常のちょっとしたときに嬉しい気持ちになれるような、そんな美味しい幸せを皆さんに届けるという想いからつけられた名前なんだそうです。

 

そして、パティスリーとショコラトリーを兼ね揃えているます。

それは、猿舘英明シェフがケーキもチョコレートも大好きで、同じくらい大切なものだから。

 

チョコレートを使った商品はボンボンショコラから、産地別チョコレートを使った一口サイズの蒸し焼きショコラ、クーベルチュールにこだわったチョコレートケーキ等々のラインアップ!

そして、子供から年配の方まで愛されるシュークリームショートケーキ、焼き菓子も豊富に取りそろっています。

どちらも、素材を大切にして心を込めて作られているスイーツはこれでもか!というくらい美味しさを追求したものとなっています。

 

<スポンサーリンク>

 

そんな猿舘シェフの紹介を少し。

マプリエールのシェフ 猿舘英明氏の魅力

猿舘シェフ実家は岩手の和洋菓子店。

小さなころから「ケーキ屋さんになる」との思いがあったそう。

辻調理学校で製菓のベースを学んだ後、世田谷の大人気店「アルパジョン」系列店の「ヴィオラ」に勤務。

規模の大きいパティスリーで、人数も多く、上下関係も厳しいなか、修業だと思って、あらゆることを吸収していく。

 

その後、自分の好きな菓子を探していく中で、和光ケーキショップ・ルショワにたどり着くと、当時のシェフが独立するという。

そのシェフは、今や新宿の大人気店となる「ラヴィドゥース」堀江新シェフだった。

猿舘氏は尊敬する堀江シェフは、本当に厳しい人でした。

完璧に仕事をこなさなければいけない

でもそれは猿舘シェフを育てたいという気持ちの表れでした。

 

1年半の濃密な時間をすごしたのち、猿舘氏はフランスへ。

あらゆるお店で修業をする中で、一番すごかったのは「ミッシェルショーダン」だったという。

かなりの完璧主義者で、こうあるべきという理想のスタイルと、すべての動作に意味があるという信念のショーダン氏。

そのもとで、さらに磨きがかかる猿舘氏。

そこで、パティシエとショコラティエが全く違うものであることを知り、自分を見つめなす機会となったそう。

 

そうして、自身のお店をオープンしました。

それが「マプリエール」です。

ラヴィドゥースやミッシェルショーダンで培った技術と志のもと、多くの人に愛されて、今や吉祥寺の大人気店となっています。

 

サロンドショコラ東京でも大人気。

2018年には、カカオハンターズとコラボ。

猿舘シェフをイメージしたオリジナルチョコレートの、フォンダンショコラは、優しさの中に芯の強さが感じられるとってもダンディなお味でした。

クーベルチュールの達人とカカオハンターのツーショットクーベルチュールの達人とカカオハンターのツーショット

 

そして、シェフはクーベルチュールの達人とお呼びしたいくらい、あらゆるメーカーのクーベルチュールチョコレートを研究し、使い分けていらっしゃいます。

こだわりのチョコレートを使った一押アイテムからご紹介します。

 

しっとりした焼き菓子「マプリショコラ」

シェフ厳選の5種類のカカオ(エクアドル、パプアニューギニア、ベネズエラ、ドミニカ、西アフリカサントメ島)のチョコレートの5種類がラインナップ。

蒸し焼きにされていて、しっとりした食感が特徴で、産地ごとの味の特徴が分かりやすく表現されています。

詰め合わせセットで食べ比べてみるのも面白いですね!

 

さらに、そのままでも少し温めて食べても美味しくていろんな場面でいろんな食感を味わうことができますよ!

オンライン販売もされているので、ご自宅でゆっくりテイスティングするのも素敵です!

 

こだわりのクーベルチュールの名前がそのままケーキ名となった逸品がこちらです。

大人な味わい「ペパデオーロ」

「ペパデオーロ」とはフランスの「KAOKA」社のエクアドル産「ナショナル種」オーガニックカカオで作られたクーベルチュールチョコレートのことです。

力強いカカオの風味とフルーティな香りが特徴のこの「ペパデオーロ」をふんだんに使ったチョコレートケーキなんです。

 

上のぱりっとしたチョコレートとつやつやのグラサージュには金箔があしらわれていて高級感溢れるたたずまい。

アーモンドプードルを使用したビスキュイの生地とガナッシュの層がとても綺麗でやはり、美しいですね。

ガナッシュから感じられるチョコ本来のフローラルなアロマの香りとパリっと、しゃりっとした2層の生地のハーモニーがなんとも言い難い上品な味わいです。

 

長方形のホールケーキも販売されているのでみんなでチョコ好きさんの集まりにシェアして食べるのもいいですね!

 

次は「シェリール」という華やかなケーキをご紹介します。

チョコレートとセイロンティ&レモンの組み合わせに感動です。

可愛いお花のケーキ「シェリール」

見た目は可愛いお花のマジパンが印象的なこちらのケーキ。

セイロンティーの入ったミルクチョコレートに、レモンティー風味のムース、上に乗っているオレンジの皮、ベルガモットの風味

全ての風味が調和して、お口の中で素敵なハーモニーが生まれます。

これは是非食べていただきたい逸品です!

 

次はお店の名前と同じケーキ「マプリエール」。

ホワイトチョコレートとイチゴのムースが絶品です。

ホワイトチョコとイチゴのマリアージュ「マプリエール」

お店の名前と同じ名前の商品、マプリエール。

こちらのスイーツは薄いピンク色をしていて可愛らしいのです!

味はもちろん、ホワイトチョコレートイチゴのムースにフランボワーズのジュレが隠れています。

カスタードも入っていて甘みと酸味のバランスが最高!

これは、お子様にも大人気です。

軽い食感と心地よい甘みで、ふんわりとした気持ちになれますね。

ホールケーキの販売はないのですが、今後販売されることに期待したいですね。

 

 

見た目は可愛らしく、甘めなスイーツなんですよ!!

キュートな逸品「ショコラプリン」

こちらの商品はまず、容器が可愛いのです!

ハート型の容器に入っていて、上に乗っているカカオパウダーまでもがハート型になっていてとっても可愛らしいスイーツになっています。

ですが、見た目の可愛さとはまた違って味はとっても濃厚なチョコレートプリンです。

舌触りはなめらかで味は甘みの少ない大人な味わいですね。

こだわりが伝わってきます。

 

初めて来店する人には是非、食べてみてほしい商品です!!

 

 

店舗情報

Address 東京都武蔵野市西久保2丁目1-11(JR中央線三鷹駅北口より徒歩7分)
 Tel 042-255-0505

 

<スポンサーリンク>

まとめ

今回ご紹介したマプリエールは三鷹のケーキ屋さんの中でも大人気のお店、毎日数多くのお客様が来店されています。

私の中のマプリエールは大人も子供も楽しめる商品が多いという印象です!

見た目が美しいものや可愛いものが多くあり、見るだけでも楽しめるスイーツやリーズナブルな価格、総合的に見てもとても満足度の高いケーキ屋さんですね。

猿舘シェフの厳しい修行から得た、強さとやさしさからあふれ出す、こだわりのアイテムを是非ご堪能下さい!

ボンボンショコラも美味しさをキープするために個包装されているのも、嬉しい心配りですよね。

コメントもお待ちしております。

関連記事
吉祥寺ぶらりショコラの旅

 

 

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*