チョコレートの効果! カカオポリフェノールで健康に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレートの効果

体にもおいしいチョコレート

美味しいチョコレートの健康効果も抜群です!

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールにはストレス解消、美肌、アレルギーの予防などの効果があります。

毎日25g以上食べている私が実体験に基づいてお話します。

<スポンサーリンク>

でもチョコレートは、太りそう、虫歯になりそう、鼻血の原因になるのではと心配されてませんか?

私も以前はチョコレートを食べすぎるとニキビができるって信じてました。

でも、よく調べてみるとそれは根拠のない都市伝説でした(笑)
 
チョコレートはすごく健康によいパワーを持っているんです。
1 ストレス軽減
2 美容効果
3 アレルギー改善
4 動脈硬化を防ぐ
5 がん予防に期待
 
どれも魅力的ですよね。
詳しく見ていきましょう!
 
 
1.ストレスの軽減

効果の中でも早く実感できるのはストレスの軽減です!

例えば、仕事がうまく進まなくてイライラした時、デスクに買い置きしたチョコレートを食べてみましょう!

すると、だんだんと落ち着いてきて、新たな気持ちでパソコンにむかえるはずです。

子供がやることをしてくれなくてムカムカしてきても、台所でこっそり美味しいチョコレートを食べると怒りのボルテージを下げることができますよね。

(これは私の体験談でした。
仕事や子育てのストレスを乗り切れたのはチョコレートのおかげです!)
 
 
よくよく調べてみると、これは、チョコレート中の『カカオポリフェノール』と『テオブロミン』の効果だったのです。
これは科学的な根拠が示されています。
 
 
 
 
本当に、『ストレス』を軽く考えてはいけません!
過剰にストレスがたまると、免疫力が下がって様々な病気につながってしまいます。
 
そのメカニズムとは、
 
ヒトの脳はストレスを感じる
⇒ストレスを抑えようとするホルモンを分泌
⇒同時にそのホルモンは免疫力も下げる
⇒免疫力が下がると、体の不調が現れたり、病気になりやすくなる
 
なので、健康を維持するにはストレス発散はとっても大事です!
 
チョコレートを食べて、美味しくストレスをやっつけてしまいましょう!
 
2.美容効果
いつまでも健康に美しくありたいと思うのは普遍的な願いです。
 
チョコレートを愛好している方々に会うと、間違いなく年齢より若く感じられます。
特に肌がきれいな方が多いのです。
 
私もとある化粧品メーカーのブースで肌年齢チェックをしてみました。
すると、実年齢より8歳若いというデータが出たのです。
(マイナス5歳肌を目指そう!というコピーより良い結果がでました。
嬉しすぎて肝心の化粧品を買い忘れてしまいました笑)
 
これはチョコレートの効果かもしれないとまた調べてみると、やはりありました!
 
 
チョコレート中の美肌に必要な『オレイン酸』『食物繊維』『ミネラル』が含まれているのです。
 
オレイン酸
  1. 血液中のコレステロールを減少させる→血液をサラサラにする効果
  2. 毛細血管内の血流を活発化させる→冷え、むくみの改善
  3. 腸で吸収されにくく、腸内にたまったものを柔らかくする性質がある→便秘予防

食物繊維

  1. 便の体積を増す→便秘予防
  2. 腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境を整える→便秘予防

ミネラル(カルシウム、亜鉛、鉄など)

  1. ホルモンバランスを保つ→免疫力
  2. 皮膚や粘膜の健康を保つ→美肌
 
チョコレートをおいしく食べて、美しくなれるなんて嬉しい話です!
 
 
3.アレルギー改善

花粉症に悩まされていた私が5年ほど前から薬を飲まなくても生活できるようになったんです。

もしや、チョコレートにもアレルギー改善効果があるのではと調べてみました。

アレルギーのメカニズム

抗原(花粉、ダニ等)に接する

⇒体内で抗体が作られる

⇒体内で抗体と肥満細胞と合体

⇒さらに抗原(花粉、ダニ)がくっつく

⇒ヒスタミン(炎症を起こす物質)が放出

⇒症状(鼻水、くしゃみ、目のかゆみ等)がでてくる

 

このアレルギーを起こす段階には『活性酸素』が関わっています。

(悪者ですね)

その『活性酸素(悪者)』を抑える『抗酸化物質』がチョコレートに含まれていました。

それが『カカオプリフェノール』なのです!

チョコレートで花粉症が治る!とは言えませんが、良い効果はありそうです。

 
4.動脈硬化をふせぐ
動脈硬化(血液がスムーズに流れなくなる状態)が進むと、心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。
恐ろしい話です。
血液サラサラブームもありましたね。
 
チョコレートの中のカカオポリフェノールには、
  1. LDL(悪玉)コレステロール酸化を抑制する働き
  2. 血液がスムーズに流れる働き

によって、動脈硬化をの予防が期待されています。

 
 
5.がん予防に期待

まだまだ研究段階ですが、ラットを使った実験で、がんの発生を抑えるだけでなく、がん化した細胞の増殖を抑える作用があることが報告されています。

<スポンサーリンク>
まとめ

今回はチョコレートの健康効果のお話でした。

チョコレートの『カカオポリフェノール』の抗酸化作用、オレイン酸、食物繊維の効果によって、

ストレス軽減、美容効果、アレルギー改善、動脈硬化を防ぐ、がん予防に期待されますね!

美味しく食べて健康になれるなんて最高です。

これからも毎日元気にチョコ活していきましょう!

<スポンサーリンク>

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*