カカオティエゴカン・「五感」で感じるチョコレート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カカオティエゴカンはカカオにこだわったチョコレート専門店です。

大阪の有名パティスリーが、日本で育んできた菓子づくりの思いを、世界中から厳選したカカオ豆に込めて作るチョコレート。

菓子職人の熟練した技術から生まれる「五感(ゴカン)」で感じるチョコレート専門店の魅力をたっぷりと紹介します。

 

<スポンサーリンク>

カカオティエゴカン

地下鉄北浜駅より、御堂筋方面に向って歩くとクラシカルな建物があり、その中に「カカオティエゴカン」はあります。

カカオティエゴカンは大阪で大変人気の「パティスリー五感」がプロデュースしたチョコレート専門店で、2016年に誕生しました。

 

パティスリー五感は「ええもん」が美味しいんですよね黒豆がふっくらで、ほのかに香るはちみつの組み合わせ…。(うっとり)

 

カカオティエゴカンのチョコレートは技術もさることながら、原材料のカカオにも大変こだわりがあり、「カカオティエ」の名が表すように、カカオ豆からチョコレートを一つの工房で作るビーントゥバー製法を取り入れています。

 

2018年にはサロンデュショコラにおいて「C.C.C」でゴールドタブレットを受賞するなど、日本以外にも世界で認められた実力派のチョコレート専門店です。

カカオポットをブランドロゴに使用しているところからも、カカオには強いこだわりを感じます。

 

大阪の超有名店が手がける本気のチョコレート、とても気になりませんか?気になりますよね?

お待たせいたしました、早速おすすめのチョコレートを紹介していきますね!

 

カカオティエゴカンのボンボンショコラ

カカオティエゴカンおすすめチョコレート1つ目は、「ボンボンショコラ」です。

美味しいものを作りたい…まっすぐな思いで作られたチョコレートは、お皿に乗せるとまるで絵画です!

カカオティエゴカンのボンボンショコラは5つのシリーズに分かれています。

  • コロンビアやガーナ等の5つの異なった原産国のカカオ本来の香り、酸味、苦みを強く感じることの出来る「オリジン」。
  • 抹茶ライムやチャイ等の味の変化・フレーバーともに楽しめる5種の「アロマ」。
  • 紫蘇、ピーカンナッツ等、カカオポットの形からは想像出来ない個性的な風味がそろった「フォンデュ」。
  • フィグやライチ等、カカオと相性のいいフルーツフレーバーを組み合わせた「フルーツ」。
  • 契約農家で栽培されたイチゴを使ったコンフィチュール、練乳、ライムがマッチしている「ハート」。

 

シリーズ全てに5種類の味があるのですが、どれもカカオとの相性を計算された素晴らしいチョコレートです。

(「ハート」だけは1種類です)

ボンボンショコラの濃厚かつ繊麗されたくちどけに心奪われること間違いなしです。

 

続いては、チョコレート好きの人にも、そうでない人にも愛されるサクサク食感のチョコレート菓子の紹介です。

カカオサンド

ボンボンショコラより気軽で、優しい味わいの「カカオサンド」は、チョコレートガナッシュをチョコレートサブレではさんだ軽い食感の美味しいお菓子です。

 

原材料にとことんこだわり、香り豊かな味わいの「クラシック」とイチゴやアールグレーといった香り豊かな「アロマ」があります。

 

上品な甘さは万人受け間違いなし!贈り物に喜ばれる逸品です。

 

ボンボンショコラとはまた違うサクサク食感のお菓子で一息入れる…なんて贅沢なんでしょう。

お供は間違いなくモカブレンドをチョイスだな。

 

カジュアルなチョコレート商品も良いですが、ビーントゥバーの良さをとことん味わうなら、やはりタブレットは外せませんよね。

カカオティエバー

カカオは気候・自然・風土によって驚くほど味・香りなどが変わります。

それらをしっかり感じることの出来るおすすめチョコレートが「カカオティエバー」です。

 

ベトナム・ガーナ・コロンビア・トリニダード・トバゴ産カカオを使用したビターでシンプルな味わいの5種類の「ノワール」。

コロンビア、ペルー(ピウラ)、コスタリカ、ドミニカ、トリニダード・トバコの産地別のカカオ豆とミルクとの相性を考えてつくられた余韻の楽しめる5種類の「ラクテ」。

イチゴやオレンジのドライフルーツやパフをあしらったいくつもの味が楽しめる「マリアージュ」。

 

その中でもおすすめしたいのが、トリニダード・トバゴ産カカオを使用したノワール。

ハーブのようなアロマ感がたまらない逸品です。

 

カカオ本来の苦味、フルーツのような香り・酸味、はたまたナッツのような香ばしい風味が好きな人にはぴったり。

お酒等にもよく合いますよ。

 

ただいま夜中の22時なのですが…書いていると頭も疲れてくるので、今の私にピッタリな気がします…。(失礼しました、残り1つなので少し気が緩みました。)

 

カカオって「テオブロマ・カカオ=神様の食べ物」と呼ばれるだけあって、どこをとっても美味しく食べられるのを皆さんはご存じでしょうか?

ビーントゥバー製法だから出来る美味しいスイーツを紹介します。

カカオジュレ

カカオティエゴカンではチョコレート以外にもカカオを使った「カカオジュレ」もすすめ。

 

ビーントゥバーチョコレートをつくる過程で出るカカオピール(カカオの皮・ハスク)で煮出したカカオティーに、3種類の果実を合わせ、隠し味にカカオパルプ(カカオの実)の果汁を加えて出来たゼリーです。

一口食べるとしっかりカカオの香りを感じることが出来ます。

 

しかもこのカカオジュレは美容・動脈硬化予防にも効果的なカカオポリフェノールがたっぷり含まれているんです。

もしかしてこれ、お肌の曲がり角な私にはピッタリ…?

おすすめ記事
チョコレートの効果! カカオポリフェノールで健康に!

 

チョコレートとはまた違った美味しさがあるゼリーは、かなり気になりますよね。

<スポンサーリンク>

まとめ

有名パティスリーが立ち上げたカカオティエゴカンは、菓子職人の作り上げた世界に通用する「五感」全てで楽しめるチョコレート専門店です。

 

絵画のように美しく豊富な味を楽しめる「ボンボンショコラ」や、気取らず万人に愛される「カカオサンド」、カカオの苦み香りに癒されたくなる「カカオティエバー」、ジュレの中に感じるカカオがクセになる「カカオジュレ」

カカオ豆にこだわって、チョコレートを愛しているからこそ、魅力的な商品がたくさん生み出されたのですね。

皆さんもカカオティエゴカンのチョコレート、一度食べたらファンになってしまいますよ!

お取り寄せもできるのできるのもうれしいですね。

(…この時間にチョコレートの記事を書くのは今後避けよう。はぁ…食べたい…。)

コメントもお待ちしております。

おすすめ記事
京都のチョコレート チョコ好きには絶対行ってほしい厳選10店

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*