セボーエボン・本格フランス菓子を札幌で堪能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本格フランス菓子を札幌で!

本格的なフランス菓子を堪能できるお店「セボーエボン」。

クーベルチュールにこだわりのあるシェフがつくるチョコレートのガトーはどれも絶品です。

カカオハンターのアルアコの魅力を存分に引き出したチョコレートケーキには感動しました!

札幌のピエールエルメともお呼びしたい「セボーエボン」をご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

セボーエボンの魅力の秘密

札幌の閑静な住宅街に2016年9月にオープンした「C’est BO et BON(セボーエボン)」。

フランス語で「美味しく、美しく」という名のごとく、美しい本格フランス菓子が並んでいます。

そして、オーナーシェフの藤井俊輔氏はピエールエルメ青山の製造統括責任者として6年勤務されてた後、札幌で独立されました。

セボーエボンのシェフはピエールエルメの統括責任者でした。札幌のピエールエルメ!?藤井俊輔シェフ

最高の素材と、最高の技術によって作り出されたスイーツはどれもキラキラと輝いています。

お店の雰囲気も商品もまるでパリのパティスリーそのもの。

開店から途切れなくスイーツを買い求めるお客様であふれ、地域に根付いた人気店であることがうかがえますね。

 

その中で、チョコレート好きな方にお勧めのアイテムをご紹介します!

おすすめケーキ①「アンタンス・アルアコ」

「アンタンス」という、チョコレートムースとチョコケークが層になった定番ガトー。

2020年から使うチョコレートを「カカオハンターズ」の「アルアコ72%」に変更しました。

 

生チョコのような濃厚ガナッシュですが、口の中で香りを残してすぅっと溶けていくので、どんどん食べ進めてしまう美味しさです。 アルアコに変更してからさらに美味に!美しいグラサージュとさりげなに金箔に洗練されたデザイン

 

 

口に含むと、アルアコ72%特有の白ワインのような香りが広がります

さらに、青りんごの甘酸っぱさ熟成したシェリー酒のような風味を楽しむことができます。

ムースとムースを繋ぐチョコレートケーキもしっとりとしたガトーショコラのよう。

表面のグラサージュの甘さ控えめで、カカオ感のある風味に驚きです。

そしてごく薄い板チョコチップがムースとがガトーショコラの間にあって、食感のアクセント。

細部までこだわりと技術が感じられますね。

 

カカオハンターがシェフもお気に入りだそうです。カカオハンターズのタブレットの美味しさをさらに引き出したガトーです

 

つまでも余韻に浸っていたくなる逸品です。

これはウイスキーに合わせても美味しい、大人のスイーツですね。

チョコ好きには絶対に食べていただきたい!

 

おすすめケーキ②「ノーブル」

アールグレイのムースにレモンのマーマレード、カルダモン風味のシャンティ(生クリーム)のガトーです。

これは、風味の組み合わせがなんとも素晴らしく、感動してしまいました

ノーブルというガトーに感動!

ビターミルクのチョコレートにアールグレイの香りがしっかりと主張。

そこにレモンカード(レモンのマーマレード)のさわやかな酸味とピール感が混ざり合います。

そして、カルダモン風味のシャンティの爽やかさな香りが加わると、そのハーモニーに酔い仕入れてしまいます。

サクサクのビターサブレが食感のアクセント。

飾りのビターチョコレートも箸休め的にいただくと、次の一口がさらにおいしく感じられます。

 

これは芸術品といっても過言ではないです!

 

おすすめケーキ③「タルトショコラ・カカウエット」

サクサクのタルトにナッツ入りのチョコレートガナッシュとチョコレートムースが層になっているガトーです。

そして、塩味の効いたナッツとキャラメルソースもアクセント。

 

タルトショコラカカウエットはナッツとチョコレートのハーモニー

食感の異なるパーツを一緒に食べること、サクサク、とろーり、かりかりとお口の中でお祭りが始まったよう。

これが誰でもが素直に美味しい!と声に出してしまうガトーです!

 

ガナッシュたっぷり「マカロンショコラ」

艶やかな表面とピエがしっかりとした美しいフォルム。

そして、表面はカリッと中はしっとりとしたマカロン生地。

マカロンショコラの美味しさはエルメをしのぐ?1

その中にチョコレートが薫るガナッシュがたっぷりとサンドされています。

そのガナッシュはナッティな香ばしさがあり深みのあるビターガナッシュ。

こ、これが探し求めていたマカロンショコラです!

ガナッシュがしっかりと入っている、やや大きめのマカロンはピエールエルメへのオマージュが感じられます。

マカロンはどれも美味!

他にもピスタチオ、カシス、シトロン、カフェ等々、色とりどりの10種類のマカロンがあるので贈り物にも是非!

バターが香るサクサク食感「パンオショコラ」

午前中に行かないとなかなか出会えない、パンオショコラ。

フランス・イズニーのバターをたっぷりとつかったクロワッサン生地に、ビターなチョコレートが入っています。

パンオショコラも絶品です。

これはかぶりついて食べるのが正解!

カリッ、サクサク、ジュワーっとバターの香りと食感を楽しみながらいただきましょう。

チョコレートも加わって至極のハーモニーが奏でられます。

クロワッサン、クロワッサンシュクレもおすすめです。

お買い求めの際は、開店後早めに行きましょう!

 

店舗紹介

Adress 北海道札幌市中央区南7条西24丁目2−3 カルムマルヤマ1F(地下鉄東西線「円山公園駅」徒歩15分)
Tel  011-213-1065
営業時間 10:00‐19:00
定休日 火曜日
HP http://cest-bo-et-bon.com/index.html

<スポンサーリンク>

まとめ

札幌おもいのスイーツといえば、ロイズや六花亭を連想しますが、隠れ家的なパティスリーやショコラトリーが点在しています!

その中でも「セボーエボン」は本格的なフランス菓子を楽しめる貴重な存在です。本格フランス菓子を頂けるお店。

クーベルチュールにもこだわりを持たれているシェフなので、チョコレート系のガトーは絶品です。

パイ生地も美味しいので、クロワッサンやミルフィーユもいいですし、北海道のフルーツを使ったガトーもおすすめです。

札幌に訪れる際には是非お立ち寄りくださいね!

コメントもお待ちしております。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*