久遠チョコレートは二条城の近くにあります。の近くにあります。

社会貢献の一環からたくさんの人に認められ、一流のチョコレートブランドになったお店を皆さんはご存じですか?

障がいを持つ人たちがいきいきと働ける場所を提供することから始まり、今では全国展開するほどになった京都生まれのチョコレートブランド「久遠チョコレート」

看板商品「京テリーヌ」の知られざる誕生秘話や、京都限定の絶対に食べてほしい逸品をお伝えします。

NEW STANDARD CHOCOLATE kyoto by久遠(ニュースタンダードチョコレートキョウトバイクオン)の魅力

二条城から徒歩8分ほどのところにある堀川商店街の再活性プロジェクトの一環として2014年にオープンした「NEW STANDARD CHOCOLATE kyoto by久遠」

夢のチョコレート事業として全国展開している久遠チョコレートの第一号店となります。

 

始まりは、一般社団法人ラ・バルカ代表の夏目浩次氏が、障がいのある人が社会の中でいきいきと働ける仕事づくりを目指して作ったのは、愛知県豊橋市でパン工房でした。

そして、夏目氏とトップショコラティエである野口和夫氏との出会いから、チョコレートつくりが始まったのです。

野口氏は「チョコレートは科学的なもので、正しい材料を使って正しく作れば、だれでもいいものが作れる」と語り、それが障害を持つ人の仕事に適したものだと提案したのです。

そして、今では、数々の商品を生み出し、直営店、百貨店でも販売されると、商品のオリジナリティーと美味しさに人気を博しています。

障がいを持つ人たちは、焼き菓子をつくるよりもチョコレートをつくる方が適していると気づき誕生したお店は、京都で生まれ、今では北は北海道、南は鹿児島まで展開するチョコレートブランドに成長しました。

「もっとピュアなチョコレート」をコンセプトにつくられたNEW STANDARD CHOCOLATE kyoto by久遠のチョコレートは、素材・純度にかなりのこだわりがある商品ばかりです。

そんなNEW STANDARD CHOCOLATE kyoto by久遠でいただけるおすすめチョコレートを4つ紹介していきます。

まずはバリエーション豊富な看板商品から。

絶対に食べてほしい、京テリーヌ

まさに、テリーヌをカットしたような食欲をそそる、美しいフォルム。

主原料となるカカオマスは、コロンビア産の純度の高いものを使用しています。

さらに、油分はカカオバター、香りは天然のバニラのみとかなりのこだわりが詰まったチョコレート商品です。

 

スイート、ミルク、ホワイト、抹茶、ほうじ茶、京番茶、ベリーベリー、ゆずの8種類のフレーバー。

それぞれにナッツや黒豆、フレークが混ぜこまれ、食感のアクセントにもなっています。

 

口の中に含むと芳醇なカカオの香り。

テリーヌと聞く一見と重厚な味なのかと思いきや、余計なものが入っていないので自然な甘さと素材の旨味がマッチして、体にすっと溶け込んでいくような美味しさなのです。

 

素材の香りを引き立たせる、独特の食感の京テリーヌ。

実は「オーバーテンパリング」というチョコレートが固まらず柔らかくなりすぎてしまう現象から生まれたのだそう。

一度食べると、どうしてもまた食べたくなってしまうチョコレートです。

 

次は、京都でしか食べられない限定商品のご紹介です。

京都限定!ビスコッティ(ハイビター70%)

カリカリっとした食感にコロンビア産の70%のほろ苦いビターチョコレートがたっぷりしみ込んだこちらの商品。

滋賀県大津市にある焼き菓子工房「がんばカンパニー」とコラボした商品です。

 

久遠チョコレートでは、こちらの店舗にしかない限定商品となっております。

ハイビター70%の他にもビター61%・チョコチップ・ミルクチョコ41%の全部で4種類。

また、アソートパックも販売されているので食べ比べも楽しめますね。

 

次は、一息つきたいときにピッタリなチョコレートドリンクの紹介です。

ほっと一息 ショコラショー

NEW STANDARD CHOCOLATE kyoto by久遠でいただける3つ目のおすすめ商品は、店内外どちらでもいただける「ショコラショー」です。

こちらのショコラショーは、使用されるカカオが日替わりというのが特徴です。

日によってカカオの配合が変わるので同じ味がなく、飽きがこないのがポイント。

 

冬はホット、夏はアイスクリームを乗せて…季節を通して味わうことが出来るチョコレートドリンクです。

 

カカオの味をダイレクトに味わうもよし、トッピングをプラスして味わうもよしのショコラショーは、京都観光でひと休みするときにピッタリなのですね!

 

最後は、お土産にもピッタリな「和」を感じるチョコレート商品を紹介していきます。

 

京土産にはQUON OKAKI

京都老舗あられ店「菓匠宗禅」の卓越した技術で焼き上げるこだわり抜かれたおかきを、QUONオリジナルチョコレートでコーティングしたのが「QUON OKAKI」。

 

お米の香ばしさとサクサク食感、ピュアチョコレー トの贅沢な三重奏が楽しめる逸品です。

スイート・ミルク・イチゴ・抹茶・ほうじ茶・京番茶の6つの味が楽しめます。

 

パッケージも可愛らしく、お土産にはピッタリ!

味も豊富にあるのでお気に入りを見つける楽しさもあるチョコレート商品です。

おかきとチョコレートのマリアージュを、ぜひ味わってはいかがでしょうか。

店舗情報

NEW STANDARD CHOCOLATE kyoto by久遠
ADRESS 京都府京都市上京区堀川出水上る桝屋町28 堀川商店街内(地下鉄烏丸線「丸太町駅」徒歩15分、京都市バス「堀川下立売」徒歩 3分)
TEL 075‐432‐7563

 

まとめ

障がいを持つ人たちがいきいきと働ける場所を提供することから始まり、今では全国展開するほどになった京都生まれのチョコレートブランド「久遠チョコレート」

そこでいただける、失敗がまさかのヒット商品になった、滑らかな口当たりとたくさんのフレーバーが嬉しい「京テリーヌ」。

京都でしか味わうことのできない「ビスコッティ」、日によって味わいが異なり楽しめる「ショコラショー」、京都老舗店とコラボした「QUON OKAKI」。

ピュアなチョコレートがさまざまな形で味わうこが出来ます。

二条城観光へ行った際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

コメントもお待ちしております。

おすすめ記事
カカオ365・京都のほんまもんを感じるチョコレート
サロンドロワイヤル・京都から世界へ羽ばいたチョコレート専門店