ダンデライオンはビーントゥバーの先駆けのお店

ビーントゥバーチョコレートといえば真っ先にこちらをイメージされる方は多いのではないでしょうか?

どのようにしてダンデライオンが生まれたのか、そしておすすめチョコレートやファクトリー内でいただける美味しいチョコレートスイーツを紹介します。

 

2人のチョコ好きが創業したダンデライオン

ダンデライオンは、トッド・マソニス氏キャメロン・リング氏の2人の手で創業したビーントゥバーチョコレートファクトリー&カフェです。

 

当初2人はチョコレートとはまったく関係ないIT業界で活躍していましたが、チョコレート好きが功を奏して、友人から借りたガレージにチョコレートラボを設け、2013年サンフランシスコにファクトリーを開いたのが始まりでした。

 

ダンデライオンは、チョコレートの風味を重要視しているためさまざまな原産国のカカオを使用したシングルオリジンのビーントゥバーチョコレートが楽しめます。

 

2016年2月に海外初出店がなんと日本で、しかも「職人の町」と言われる蔵前に築50年の倉庫をリノベーションした店舗をオープン

 

開店し数年たった今でもひときわ人気のチョコレート専門店です。

 

店舗情報  ダンデライオン蔵前
Adress 東京都台東区蔵前4-14-6 (都営大江戸線蔵前駅 徒歩2分)
Tel    03-5833-7270

店舗URL  https://dandelionchocolate.jp/

 

ダンデライオンといえば混じりっ気のないシングルオリジンビーントゥバーチョコレートが楽しめるお店です。

ビーントゥバーチョコレートの良さが一番わかるのはやはり、板チョコレート。

原産国で全く味が違うチョコレートバーズ

ダンデライオン蔵前のおすすめチョコレート1個目は、原産国で全く味が違うタブレット、「チョコレートバーズ」です。

 

チョコレートバーズは、シングルオリジンのタブレットのこと。

  • カアボン・グアテマラ70%
  • ベンチェ・ベトナム70%
  • ソルサル・コミュニタリオ、ドミニカ共和国70%
  • ハシエンダ・アズール、コスタリカ85%
  • ハシエンダ・アズール、コスタリカ70%
  • ワンプゥ・ホンジュラス70%
  • マヤ・マウンテン、ベリーズ70%

 

計7種類のタブレットを味わえます。

 

原産国が違うだけでカカオ独特の苦み・渋み・コク・酸味が全く別物。

 

中でもキャラメリゼしたアーモンドのようなコク・バニラのような風味・チャイのようなスパイシーさを楽しめる「マヤ・マウンテン、ベリーズ70%」はチョコレートの世界最高峰品評会「インターナショナルチョコレートアワード2018」で銅賞を獲得しています。

2種類以上一度に食べ比べるとその違いがはっきりと分かって楽しですよ!

 

商品名 チョコレートバーズ
価格  全て1,296円~

 

 

食べ比べが楽しいという話題が出たところで、まさにこれっ!といったメニューがこちら!

ボリュームとパンチ力のある ブラウニーバイトフライト

ダンデライオン蔵前のおすすめチョコレート2個目は、「ブラウニーバイトフラト」です。

 

ダンデライオンの美味しいチョコレートをそのままブラウニーで楽しめるブラウニーバイトフライトは、ダンデライオン蔵前でも非常に人気の高いチョコレートスイーツ。

 

3つの少々小ぶりなブラウニーは、その見た目とは似つかわしくないボリュームとパンチ力に驚かされます。

 

内容は

  • インド (フレーバー:レモンヨーグルト)
  • グァテマラ (フレーバー:ぶどう、キャラメル)
  • ベリーズ (フレーバー:パイナップル、ハニー)

 

3種類のセットになっています。

 

カカオの個性的な味わいがとても魅力的なブラウニー、正直全部おすすめ!

選ぶのは難しいです。

 

こちらは、カフェでも持ち帰りでも楽しむことができますよ。

 

商品名 ブラウニーバイトフライト
価格  630円

おすすめ記事
カカオ豆の産地は?味の違いはあるの?

ダンデライオン蔵前は「ファクトリー&カフェ」ということもあり、出来たての美味しいチョコレートを使用したスイーツもおススメですよ。

シェフが選んだ美味しいスイーツを楽しめるこちらを紹介いたします。

シェフが選んだ限定30食のスイーツ 蔵前シェフズチョイステイスティング

 

本文:ダンデライオン蔵前のおススメチョコレート3個目は、5つのスイーツを1口サイズで味わえる「蔵前シェフズチョイステイスティング」です。

 

シェフズチョイステイスティングはなんと1日30食限定のスイーツでダンデライオン蔵前の人気メニューなのです!

 

それぞれスイーツに原産国の違うカカオが使用されており、内容は

 

  • ジュレドカカオフリュイ(ブラジル産カカオ)
  • プロシェットロール(タンザニア産カカオ)
  • タルトオシトロン(ベリーズ産カカオ)
  • クレームブリュレ(グァテマラ産カカオ)
  • カヌレ(エクアドル産カカオ)

となっています。

ダンデライオンのミニサイズスイーツ

運ばれてくるスイーツに目移りしてしまいますが、一番のおすすめはタルトオシトロン!

ベリーズ産カカオを使用したチョコレートは、どこかスパイシーでキリっとした酸味と甘みと苦みのハーモニーが心地よく、レモンの酸味に負けない美味しいチョコレートスイーツです。

 

1口サイズで色々楽しめるのが私的に好ポイントです^^

 

カカオの食べ比べができて大変おすすめですよ!

 

商品名 蔵前シェフズチョイステイスティング
価格  1,480円

 

続いては、見た目も可愛い出来たてスイーツを紹介いたします。

ザクザク&トロッと食感に、濃厚チョコレートガナッシュ…

マシュマロとチョコレートの組み合わせは神!「スモア」

ダンデライオン蔵前のおすすめチョコレート4個目は、組み合わせがたまらないその名も「スモア」

スモアは、自家製グラハム生地の上に、運ばれる直前でトーストされるとろとろマシュマロ、そして風味豊かなチョコレートの組み合わせが最高においしいチョコレートスイーツです。

 

マシュマロの甘さをダンデライオンのビターチョコレートが上手にバランスをとっているからリピ決定です!

商品名 スモア
価格  450円

 

美味しいチョコレートに舌鼓もいいですが、ダンデライオン蔵前はチョコレート工場も見学ができるので、見学してみるのもいかがでしょうか?

チョコレートが作られる工程、ダンデライオンのカカオへのこだわりを知ることでもっとダンデライオンのチョコレートを楽しめますよ。

チョコレートの奥深さを知る ワークショップ

ダンデライオン蔵前では、定期的にワークショップを開催しています。

内容はさまざまで、チョコレート工場の見学、チョコレートが出来る工程、チョコレートづくり体験などです。

ワークショップ一番のおすすめポイントは、最後に美味しいチョコレートを味わうことができる点です!

チョコレートの知識も増えて、美味しいチョコレートも味わえるのは嬉しいですよね。

 

事前予約が必要なので興味がある方は、ダンデライオン蔵前のホームページをご確認ください。

 

現在は、オンラインでのワークショップが開催中です。

ネットから申し込むと、事前に資料テイスティング用のチョコレートが郵送届きます。

それを手元に置いて、指定の日時にZoomを使ってオンラインテイスティングができちゃうんです。

家に居ながらにしてチョコレートを仲間と学べるって素敵ですよね!

しかも解説をしてくださる伴野さんは日本のビーントゥバーを担っている素晴らしい方なんですよ。

チョコレートの概念が変わってしまうかも!

 

ワークショップ費用 5000円
HP https://dandelionchocolate.jp/pages/workshop#workshop02

 

美味しいチョコレートが出来上がるまでの過程や、実際にチョコレートを作ることができるのは、なかなか経験できることではありませんよね。

一度体験してみる価値ありありです!

 

まとめ

2人のチョコレート好きがガレージから生み出したチョコレートが日本にやってきたのは、職人の町「蔵前」でした。

 

さまざまな原産国のカカオを使用したシングルオリジンビーントゥバーのタブレットや、食べ比べができるスイーツは魅力的なものばかりです。

 

ダンデライオン蔵前は、チョコレートができる過程も学べて本当に美味しいチョコレートを味わえます。

こんなに魅力的なお店にまだ行かれたことが無い方は、行かなきゃ損ですよ!

ダンデライオン蔵前の美味しいビーントゥバーチョコレートを試してみてくださいね。

感想もお待ちしております。

関連記事
チョコレートの製造方法!どうやってチョコができるの?