福岡のチョコレートショップをご紹介

福岡といえば美味しいものがたくさんありますよね。

もつ鍋、水炊き、明太子にチョコレート!

今回は、福岡県でしかいただけない美味しいチョコレート専門店を厳選して10店舗ご紹介いたします。

この記事を読み終わったころには、福岡のチョコレートに心奪われていること間違いなし!

ベトナムカカオのビーントゥバー「カカオ研究所」

カカオ研究所は、2014年創業時から、カカオ豆からチョコレートバーになるまで一貫して製造する「ビーントゥバー」を販売しています。

創業者の中野夫妻は老舗菓子店を営み、惜しまれながらも倒産。

その後、東京のビーントゥバーチョコレートに衝撃をうけ、自らビーントゥバーショップを立ち上げたそうです。

さらによりおいしいチョコレートを作るには品質の高いカカオ豆が必要!

そこで、ベトナムのカカオ農園と提携し、現地のカカオ生産者と共に活動されています。

ベトナムのカカオ豆は芳醇な香り、フルーティーな酸味が特徴で、チョコレートファンを魅了しています。

そして、オーガニックシュガーやアーモンド・ざぼん(長崎県産)などの厳選素材を使用した美味しいチョコレートがいただけます。

 

ベトナムカカオのこだわりが感じられる「ベトナム産カカオ%食べ比べセット」には、カカオ70%、80%、90%、100%の4枚のタブレット(板チョコ)を食べ比べることができます。

カカオの量の違いで食感や香り、くちどけ等がどう変わるのかを体感できるセットです。

お店では、濃厚なカカオドリンクや、果物や野菜にチョコをかけて食べる「カカオディップ」もいただけますよ!

作り手の想いが伝わってくるチョコレートを食べると、なんだか幸せな気持ちになれますね。

店舗情報  カカオ研究所
Adres 福岡県飯塚市東徳前17-79(JR飯塚駅 徒歩17分)
Tel 0948-21-1533

※オンラインショップあり

 

飛べないオウム「カカポ」がモチーフの美味しいビーントゥバーチョコレートがいただけるお店があるので紹介いたします。

チョコレートが織りなす夢と魔法があなたを虜にすること間違いなしです!

こだわりのビーントゥバー「CACAPON(カカポン)」

世界で唯一飛べないオウムであるカカポ(フクロウオウム)のモチーフが可愛いお店、「カカポン」です。

店舗の横には自社のチョコレート工場があり、ビーントゥバースタイルのチョコレート商品が味わえます。

カカポンのチョコレートはベトナム・コロンビア・グレナダ産など、豊富な種類のカカオの味を楽しめることができますよ。

さらいに店主の心遣いが粋で、プロポーズ用のチョコレートなど、贈り物に最適なチョコレートを作っていただくことが可能です。(こちらは要予約!)

店舗情報  CACAPON(カカポン)
Adress 福岡県北九州市八幡東区竹下町12-15(JR南小倉駅から西鉄バス北九州43系統槻田校前 徒歩3分)
Tel 093-776-6185

 

 

混じりっけのない、シンプルなおいしさは他では味わうことの出来ない美味しさです。

カカオの香りに包まれると幸せな気持ちになりますよね!

本物のビーントゥバー「Green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーントゥバー チョコレート)」

おすすめ3店舗目は、数々の出会いを経て作られた「グリーン ビーントゥバー チョコレート」です。

店名にある通りビーントゥバー製法のチョコレートがいただけるお店で、カカオ豆の品種もこだわられており、単一品種(シングルオリジン)なのです。

 

東京の中目黒が本店なのですが、福岡限定の福岡県うきは市で生産されたほうじ茶とペルー産パロブランコというカカオをブレンドした「チョコレートバー 福岡 ほうじ茶」がおすすめです。

地元素材とチョコレートを美味しく融合させるとは、さすがです!

豊富な柄の和紙で包装されているタブレットも女子の心をくすぐります!

カフェスペースも併設されていますので、憩いの時間やお茶会で訪れてはいかがでしょうか?

 

店舗情報  Green bean to bar CHOCOLATE(グリーン ビーントゥバー チョコレート)
Adress 福岡県福岡市中央区今泉 1-19-22 西鉄天神CLASS 1F(西鉄福岡(天神)駅 徒歩6分)
Tel 092-406-7880

 

チロルチョコレートを生み出した松尾製菓さんが福岡にあるんです!

チロルチョコレートの国内で2店舗しかない工場直営アウトレット店が福岡県田川市にありますので紹介していきますね!

国民的大人気チョコ「チロルチョコ」アウトレットショップ

福岡県でおすすめのチョコレート専門店4店舗目は、国民的人気のお菓子チロルチョコのアウトレット店「チロルチョコアウトレットショップ」です。

日によって並んでいる種類は違うのですが、30~40種のチロルチョコが店内に並んでいます。

一袋に型崩れや重さ違いなどの規格外品が50~90粒入ってお値段はなんと500円!(全種類)

普通に買ったら1000円以上するからとってもお買い得ですよね。

 

一世風靡した「きなこもち味」や(今でも人気であればすみません。)、レアなお味「ティラミス味」などチロルチョコファンにはたまらないお店です。

人気の商品は、すぐに売り切れになってしまいますので開店と同時に行くのがおすすめですよ!

店舗情報  チロルチョコアウトレットショップ
Adress 福岡県田川市川宮1336-4(平成筑豊鉄道糸 大藪駅 徒歩8分)
Tel 0947-44-0715

 

パティスリーで培った味のバランス、香り、食感をチョコレートで表現したお店の紹介です。

Nico chocolaterie(ニコショコラトリー)

2015年にチョコレートに集中したいとの想いで、パティスリーからショコラトリー(チョコレート専門店)に転身。

地産地消にこだわり、10年間パティスリーであったからこそ、とても美味しいチョコレートが味わえます。

一押しはやはり「ボンボンショコラ」です。

南米中米を主に、アフリカ、インドネシア産の個性的なカカオを使用。

生クリームは福岡県のオーム乳業のピュアクリーム。

そして、フルーツピュレを合わせたガナッシュや、ハーブや香辛料、フルーツを合わせたチョコレートのハーモニーが素晴らしい「ボンボンショコラ」をぜひ一度味わってください!

 

また、こだわりのチョコレートを使用した、ケーキもカフェスペースでいただくことが出来ますよ。

出来たてのチョコスイーツもカフェで楽しめる、チョコ好きにはたまらないお店ですので、お近くにいらした際は是非!

(冬季12月から3月の間はカフェはお休みされていますので注意!!)

 

店舗情報  Nico chocolaterie(ニコショコラトリー)
Adress 福岡県小郡市小郡482−6(甘木鉄道大板井駅 徒歩4分)
TEL 0942-73-2177

 

続いては、スイスの高級チョコレートメーカから伝統製法の技術指導を受け、今ではヨーロッパでもほとんど使われることの少ない技法を用いたチョコレートがいただけるお店のご紹介です!

正統派ショコラティエ「CACAO ROMANCE(カカオロマンス)」

1980年創業の「カカオロマンス」は、おすすめ4つめのこのお店は、ヨーロッパの王子がショコラティエで働く娘に恋心を抱き王女として迎えた恋物語の実話をイメージしているそうです。

カカオロマンスはスイスの高級チョコレートメーカーである「フェルクリン社」と提携し、今ではなかなか用いられない「石ローラーによる72時間コンチング法」で作られたチョコレートを輸入する唯一のチョコレート専門店です。

 

おすすめなのがカカオロマンスオープン当初からあるミルクチョコレートベースのチョコレートケーキ「アンブラタルト」です。

アーモンド生地にグランマルニエのシロップをたっぷりしみこませ、ミルクチョコガナッシュをサンドしており、ミルクとアーモンドの織りなす優しいハーモニーが味わえます。

 

店舗情報  CACAO ROMANCE(カカオロマンス)
Adress 福岡市中央区浄水通5番12号(福岡市営地下鉄薬院大通駅 徒歩10分)
Tel 092-524-1288

※オンラインショップあり

 

続いては、大宰府でひっそりチョコレートを作っておられるショコラティエールがいるお店をご紹介!

チョコレートの光沢、色使いが繊細で美しい!!

ダザイフチョコレートスタジオミュウ

ダザイフチョコレートスタジオミュウは、太宰府市の山手でひっそりと営業されています。

チョコレートのレベルは非常に高く、太宰府市のふるさと納税品になっていたほどなのです。(残念ながら今は取り扱いが無いようです…。)

こちらのチョコレートを手掛けているクリエーターのMyuu氏の作品はくちどけが素晴らしくいのです!

そして、手がける作品は女性らしさを感じる色合いが多くのが特徴です。

 

個人的に気になっているのが、贅沢な2段仕立てになっている「アソートボックス20個入り」で、アマンドショコラやボンボンショコラなどがぎっしり詰め込まれています。

2016年オープン時には予約が必要だったのですが、訪問される際には問い合わせる方がよいでしょう。

また、最寄りの駅から出ているバスの本数がかなり少なめですので、車を利用したほうが良いかもしれませんね。

店舗情報  ダザイフチョコレートスタジオミュウ
Adress 福岡県太宰府市北谷864-2 (西鉄太宰府線太宰府駅 車で約4分)
Tel 092-400-4008

※オンラインショップあり

 

続いては、パリに存在する最古の橋の名が付いたパティスリーをご紹介いたします。

ボンボンショコラや、エクレールがとってもおすすめです

心と心をつなぐ橋「ポンヌフ」

フランス語で「新しい橋」という意味を持ち、フランスパリに存在する最古の橋の名が付いた「ポンヌフ」です。

こちらはチョコレートを中心としたパティスリーで、「お菓子がお客様の心と大切な方の心をつなぐ架け橋になってほしい」という願いがこめられ2011年にオープンしました。心と心をつなぐ架け橋

店内はパリのサロンを思わせる作りになっており、ショーケースにはチョコレートや、焼き菓子がずらりと並んでいます。

 

ポンヌフのおすすめは、シュー生地のザクっとした食感が心地いい「エクレールショコラ&クレールキャラメル」です。

ショコラは甘さ控えめのチョコカスタード、飾りのチョコレートにもこだわっておられます。

また、キャラメルはフランスゲラン産の塩をトッピングしており、濃厚な甘さの中にキリっとした塩味が特徴的です。

 

店舗情報  ポンヌフ

Adress 福岡市博多区千代1-17-1パピヨン24-1F(福岡市営地下鉄箱崎線千代県庁口駅 徒歩1分)
Tel  
092-641-7080

 

福岡といえばこちらを忘れてはいけません!

創業78年の歴史「チョコレートショップ」

知る人ぞ知る老舗チョコレート専門店「チョコレートショップ」です。

初代店主の佐野源作氏が一粒のトリュフチョコと出会い、戦後の混乱の中でオープン。

当初は、高級チョコレートなど見向きもされず、苦しい時代を経験され、2代目の佐野隆氏に想いは引き継がれ、今や福岡を代表するチョコレート専門店に。

 

おすすめの商品は、チョコレートケーキ「博多の石畳」です。

口に含むとスッと溶ける生チョコレートの繊細な味わいを五層のスポンジとムースで仕上げられており、まるでケーキとは思えないほど優しいくちどけを楽しめます。

くちどけなめらかなチョコレートケーキは、一度食べたら記憶に深く刻みこまれるお味です。

 

店舗情報  チョコレートショップ
Adress 福岡市博多区綱場町3-17(福岡市営地下鉄箱崎線呉服町駅 徒歩4分)
Tel 092-281-1826

 

最後は、先代たちの志を引継ぎ進化していくチョコレート専門店を取り上げていきます。

オリジナル性の高いチョコレート、本当に見た目も味も素晴らしいです。

3代目女性ショコラティエ「レトロワショコラ×チョコレートショップ」

パリに本店を構えるこちらのお店、実は日本人ショコラティエール佐野恵美子氏が手がけるお店。

どこかで聞いたことのある苗字と思った勘の鋭いあなた!

何を隠そう、上記の博多の老舗店「チョコレートショップ」のショコラティエ佐野隆氏の娘さん、3代目のお店です。

店名にもトロワ(フランスで数字の3)が含まれており、尚且つチョコレートショップのダブルネームなのです。

 

レトロワショコラ×チョコレートショップで使用されているチョコレートはカカオの新鮮さ、フランスの素材にこだわり日本では製作せず、毎週空輸するほど徹底されています。

 

こちらのおすすめは、ホットワイン・ガナッシュライムミント・キャラメルレモングラスなどのフレーバーと濃厚ガナッシュがクセになるトリュフチョコレート「コフレ9個入り」です。

親子三代で守り続けるチョコレート…感動です。

店舗情報   レトロワショコラ×チョコレートショップ
Adress
  福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザ1F(西鉄天神大牟田線 / 西鉄福岡駅(北口) 徒歩2分)
Tel 092-751-0886

 

まとめ

福岡県にあるチョコレート専門店は、ビーントゥバーのお店から、国民的人気チョコレートのアウトレットショップ、そして親子3代受け継がれ進化し続ける老舗店と心惹かれるものばかり。

お店の歴史を知れば知るほど、チョコレートが恋しくなります…。

福岡県のチョコレート、是非一度ご賞味あれ!

コメントもお待ちしております。

おすすめ記事
大阪のチョコレート・絶対に食べてほしい10選