リンツの板チョコの御紹介

リンツの板チョコでは濃厚なダークチョコレートはもちろん、フルーツフレーバーやナッツがふんだんに使われたチョコレートまで20種類以上用意されているんです。

今回はそんな商品たちを徹底解剖していきたいと思います。

たくさんありすぎて、選びきれない!という方の為に、ランキング形式でおすすめチョコをご紹介します。

最新!ハイカカオミルクチョコレートベスト3

第3位 エクセレンス ハイカカオミルクチョコレート 45%カカオ

なめらかな食感とミルキーな甘さのミルクチョコレート。

優しい甘さから、チョコレートのビター感が顔を出し、後味はすっと溶けていきます。

いつものミルクチョコレートでは甘すぎるかな、という方にお勧めです。

 

第2位 エクセレンス ハイカカオミルクチョコレート 55%カカオ

ミルクチョコ―レートにしては甘さ控えめなタイプです。

でもチョコレートのコクとミルキーさの両方をバランスよくもった、上品な1枚。

キャラメルのような香ばしい甘さとカカオのもつビター感とフルーティさを感じ取れます。

これも美味しい!

第1位 エクセレンス ハイカカオミルクチョコレート 65%カカオ

ミルクチョコレートながらに、カカオ分が65%という、他にはなかなかない逸品。

乳成分の入っていない65%ダークチョコレートよりも、なめからさとクリーミーさがあって優しい味になっています。

ハイカカオチョコレートに興味があるけど、まだ少し慣れていないという方に、是非このハイカカオミルクチョコレートを試していただきたいと思います!

ちなみに、乳製品の量は3枚ともほぼ同じで、カカオ分が上がっている分、砂糖の分量が少なく成っているんです。

カカオ分について詳しくはこちら
ハイカカオとは?どんなチョコレートなのでしょう?

 

食べ比べをしてみるのも面白いですよ!

 

ダークなチョコが好きな大人向けベスト3

リンツには、濃いフレーバーにもなると99%もカカオが含まれている商品があるんです。

カカオ多めのダークなチョコレートとひとくくりにしても、マイルドな味からココア本来の味を楽しめるものまで多様です。

その他にも香ばしさや酸味でも若干の違いがあります。

カカオ%シリーズを見ていきましょう。

 

第3位 エクセレンス 70%カカオ

70%と多めにカカオが含まれていますが、他の%シリーズよりも甘味を大切にしたフレーバーになります。

カカオ豆の香ばしさのみならず、ナッツの風味感じられます。

苦味だけが先走すことなく、全体的にバランスが取れたマイルドな口溶けをしてくれます。

ダークチョコレートに挑戦してみたい方は、まずこのフレーバーがおすすめですよ。

 

第2位 エクセレンス 90%カカオ

90%カカオのチョコレートはリンツ以外ではなかなか見ないですよね。

ビターなチョコレートのみならず、カカオの香ばしさを楽しむ事が出来ます。

チョコレートの濃厚さだけでなく、酸味も味わえます。

最初は食べにくさがあるかと思いますが、ビター感に慣れてくると美味しさがわかってきますよ。

 

第1位 エクセレンス 99%カカオ

きました99%!

何故ここまでに濃いチョコレートを実現できたのでしょうか。

それはピュアカカオマスをほぼそのまま使用しているから。

ゆっくりと溶け始め、ねっとりとしたカカオの食感と風味が楽しめるので、ビターなチョコレートを感じられると思います。

 

1位としましたが、いきなり99%から食すのではなく、カカオの配合割合が低い商品から順に食べる事をおすすめします。

とっても濃いので、少量ずつ味わてみて下さいね。

 

美味しいのはチョコだけではない、チョコのみならずフルーツの風味も楽しめるフレーバーをご紹介していきたいと思います。

フルーティなチョコレートベスト3

リンツの板チョコには、果物のフルーティーな香りが生かされた商品が多数用意されています。

チョコレートとフルーツのマリアージュ、止まらない美味しさです。

第3位 エクセレンス ペア

洋ナシとスイートチョコレートという異色のコンビネーションが目を引く商品です。

濃厚なカカオがとろけると同時に洋ナシの香りが口全体に広がります。

贅沢な1枚ですね!

(カカオ48%)

 

第2位 エクセレンス オレンジアーモンド

チョコレートに相性がいいフルーツといえばオレンジですね!

濃厚なチョコレートに加え、爽やかなオレンジが口の中で広がってくれます。

加えてアーモンドも入っているので食感においても満足させてくれる商品になります。

(カカオ48%)

 

第1位 エクセレンス ストロベリーダーク

チョコレートとイチゴの組み合わせは鉄板ですね!

フリーズドライのストロベリーが加わった粒々食感も楽しめますよ。

チョコレートとイチゴの甘酸っぱいテイストは病みつきになります。

(カカオ47%)

つなぎ:ストロベリーやオレンジはおいしい事間違いないですが、洋ナシはものすごく気になりますね。

 

では、引き続き甘くなめらかなチョコレートをご紹介したいと思います。

甘い誘惑チョコレートベスト3

チョコレートで忘れたくないのが「甘さ」です。

カカオの濃厚さや香ばしさ、味の変化球も大切ですが、ここでは甘いチョコレートを紹介していきたいと思います。

ホワイトチョコレート、ミルクチョコレートどちらもラインナップ。

どちらも試してみて下さいね。

第3位 エクセレンス ホワイトバニラ

醇なバニラの香りがするホワイトチョコレートです。

なめらかな口溶けでやさしい風味になっているので、初心者でも挑戦しやすいテイストになっています。

きっとあなたもマダガスカル産のバニラの香りに魅了されるはずです。

 

第2位 エクセレンス ハイカカオミルクチョコレート 45%カカオ

カカオの良さを生かしながらも甘さを控えたミルクチョコレートになります。

しかし、他の%フレーバーよりもミルクの配合割合が高いので、クリーミーな口溶けを実現しています。

ミルクの甘さを楽しみたい方にも、ダークチョコレートを試したい方にもおすすめなフレーバーになっています。

 

第1位 エクセレンス エクストラクリーミーミルク

カカオとミルクのバランスが絶妙な滑らかなミルクチョコレートです。

加えてキャラメルのような香りも楽しむことが出来ます。

ブラックコーヒーやストレートティと合わせたい逸品です!

(カカオ30%)

 

甘さを楽しんでいると、何か食感にアクセントを加えたくなりませんか。

続いては、ナッツ系が含まれたフレーバーをご紹介したいと思います。

ザクザクナッツ系 ベスト3

リンツの板チョコにはアーモンドやヘーゼルナッツが含まれている商品が用意されています。

また、ホワイトチョコレートバージョン、ミルクチョコレートバージョン、ダークチョコレートバージョンが用意されていて、自分好みのフレーバーを選んでみても楽しいかと思います。

 

第3位 レ・グランデ ホワイトアーモンド

ホワイトチョコレートの中に、キャラメルコーティングされたザックザクのアーモンドがぎっしり。

クリーミーなホワイトチョコレートとホールのアーモンドがごろごろ入っているので、食べ応えのある1枚です!

 

第2位 レ・グランデ ミルクヘーゼル

ミルクチョコレートの中に、なんとヘーゼルナッツが全体の34%含まれているんです。

なめらかなミルクチョコレートとキャラメルが絡み合った香ばしいヘーゼルナッツが絶妙なハーモニーを奏でてくれます。

 

第1位 レ・グランデ ダークヘーゼル

ダークチョコレートの中に、こちらもヘーゼルナッツが34%含まれているタブレットです。

どこを食べてもヘーゼルナッツが絶対にお口に入るくらい、たっぷりのヘーゼルナッツにびっくり!

レ・グランデ ミルクヘーゼルとは違った、チョコレートの濃厚な風味とヘーゼルナッツのマリアージュを楽しめます。

ミルクチョコレートでも、ダークチョコレートでも、キャラメリゼしたヘーゼルナッツとチョコレートの相性は最高!

本当に食べる手が止まらなくなる逸品です。

 

 

 

まとめ

板チョコと聞くとどのようなものをイメージするでしょうか。

「甘いミルクチョコレート」を思い浮かべる方が多いと思います。

しかしリンツの板チョコはそれだけにとどまりませんでした!

 

甘いテイストのもののみならず、ビターなカカオマスを楽しむ事が出来るものがあります。

そして、ミルクチョコレートのカカオの分を高めた「ハイカカオミルクチョコレート」はかなり画期的です!

さらに、ストロベリーやオレンジ等のフルーツの香りや触感を楽しめるもの。

加えて、キャラメルでコーティングされた香ばしいナッツがザックザクな触感をチョコレートともに味わえるもの。

好みやその時の気分で選ぶ楽しみがありますね。

 

オンラインショップでも購入する事が出来るので、みなさんも是非お手に取ってみてはどうでしょうか。


リンツオンラインショップ
https://www.lindt.jp/f/onlineshop

 

コメントもお待ちしております。

おすすめ記事
リンドールの種類とタイプ別おすすめランキング!