カルディフェアトレードチョコレートは3種類あります。

カルディのオリジナル板チョコが販売されているのをご存知でしょうか?

実はフェアトレードのチョコレートが3種類、売られているんです。

いつもと違ったチョコが食べたくて、カルディで品質も良くおいしいチョコレートがないかなと探してみました。

その時、カルディオリジナルのチョコレートと出逢いました。

実際、食べてみるととっても上品でおいしい!

そんな3種類のチョコレートを食レポしながらご紹介いたします。

 

カルディのオリジナルチョコレート!

商品名は、「フェアトレードチョコ」。

カカオ80%、カカオ70%、ミルク50%とカカオの含有量違いで3種類。

50gの板チョコで、パキッと折ってひちくちサイズに分けられます。

何れも、ガーナのクワベナアクア村で採れたフェアトレードカカオ豆を使っています。

ですので、こちらの商品を購入すると、発展途上国をサポートすることに繋がるのです。

チョコレートを楽しむと同時に、社会貢献ができるのはうれしいですね。

 

 

このチョコレートの最大の特徴は、カカオ感をしっかり楽しめるところにあります。

味わいが違いながらもカカオの酸味・苦味・香りがしっかり感じられる本物志向のチョコレートです。

 

それでは、気になるお味をひとつずつ食レポをしていきますね。

 

フェアトレードチョコ ミルク50%

まず最初にご紹介するのが、こちらのフェアトレードチョコミルク50%。

ミルクチョコレートでカカオ50%に驚きです。

(一般的なミルクチョコレートはカカオ35%前後なので、「ハイカカオミルクチョコレート」とも呼ばれます)

カカオ感のあるミルクチョコレートはなかなかないですよね。

最初にナッツの香ばしい香りとミルキーな甘さが口に広がります。

そのあとにじんわりとカカオの心地よい苦味がやってくるんです。

まさに、ほろ苦くていい香り、上質なコーヒーの苦味と香りを楽しんでいるよう。

 

ダークチョコレートが苦手かな、と思っている方にお勧めです。

 

個人的には、植物油脂を使っていないのもポイント高いです!

 

もっと苦味と酸味も楽しみたい!そんな方には次のチョコレートをおすすめします。

 

フェアトレードチョコ ダーク70%

続いては、ダーク70%のチョコレートをご紹介します。

ミルクよりも、さらにカカオの風味が強くなります。

アーモンドの香ばしい香りとバニラの甘い香りとともに、自然と軽やかにビターな風味が広がるので、とても食べやすいダークチョコレートです。

甘味とのバランスも良く、ダーク70%の特徴を活かしながら、上品な味わいに仕上げてくれているます。

 

カカオの風味が上品に広がるダーク70%。

80%の方にも期待が高まりますね!

関連記事
チョコレートの効果! カカオポリフェノールで健康に!

フェアトレードチョコ ダーク80%

こちらも名前通り、ダークチョコレートで、カカオマス80%のチョコです。

苦くて甘味が少ないイメージのチョコレートですよね。

でも実際食べてみると、カカオ80%の印象ががらりと変わりました

 

まず、噛んだ瞬間、控えめな甘さがふわっと口の中に広がります。

初めて食べた時に、苦味が最初に広がると想像していたのですが、優しい甘さに驚いたのをよく覚えています。

そして、カカオのビターでナッティな香ばしい香りがやってきます。

 

そして、最後は苦味と酸味がじんわりとしたに余韻を楽しむことができるのです。

これは、とっても上品なダークチョコレートでした。

関連記事
ハイカカオとは?どんなチョコレートなのでしょう?

まとめ

3種類のカカオの味わいとフェアトレード

3種3用の味わいをご紹介しました。どれも特徴が違うので、気分に合わせて食べたいですね。

1枚が185円(税込)なので、まとめ買いしちゃうのもありです!

フェアトレード商品で、かつ上品でカカオ感を楽しめるこのチョコレートなら、いつも常備しておきたくなります。

カルディに行くたびに買ってしまうのは私だけではないはず!

コメントをお待ちしております。

関連記事
カルディのチョコ!自分へのご褒美 おすすめベスト5